新入社員の「声」

先輩社員の声をお届けします!

  • 東部営業部/上 慎之介
  • 技術部/鹿島 直裕
  • 東部営業部/平尾 大河

須藤 佑太

品質保証部

【現在の主な業務】

検査・試験グループで、主に鉄道車両用表示器の完成検査を行っています。

森尾電機を志望した理由(動機)は?

交通インフラに興味があり、なかでも、鉄道に関するものづくりに携わりたいと思い、森尾電機を志望しました。

現在の業務でやりがいを感じるのはどのようなところですか?

機能検査はもちろんですが、寸法や塗装、型式、配線など、見落とせない検査項目がたくさんあります。それらひとつひとつを確実に検査し、製品が出荷されたときにやりがいと達成感を感じます。

入社後、最初の失敗はなんですか?その失敗から何を学ぶことができましたか?

検査時に製品にキズをつけてしまったことです。それによって、板金の再塗装や再組立、再検査などの工数が増えてしまいました。この失敗から、検査で工具や測定器を使用する際は、落ち着いて丁寧な作業を心がけるようになりました。

入社後、最初に達成感を感じたのはどのようなときですか?

台数の多い製品を先輩方と協力して無事に検査し終えたときです。

入社前と入社後のイメージでどのようなところに違いを感じましたか?

ものづくりというのは、テレビで見るようなライン作業のイメージでしたが、森尾の製品はひとつひとつ手作業で作られているところです。

入社後に分かった、森尾電機のすごいところはどこですか?

設計から、板金部品の製作や塗装、電気部品の組み付け、配線、検査まで一貫して行えるところです。この一貫生産体制が森尾電機の強みだと思います。

職場や会社全体の雰囲気はどうですか?

分からないことについて気軽に聞ける先輩方が多く、良い環境だと思います。また、他部署とのつながりもあり、自分の仕事の位置関係を把握しやすいと思います。

将来の夢はなんでしょうか?

製品に関して、技術や組立など多面的に理解できるようになることです。

最後に未来の後輩へメッセージをお願いします。

「興味をもつこと」を大切にしましょう!!色々なことに興味を持つことで、新たな発見があるはずです。

ページトップ