沿革

1911年(明治44年)5月   東京市芝区(現在の東京都港区新橋)に創業者 森尾定次により森尾商会創立。
1912年(明治45年)4月   鉄道車両用照明配線器具製造開始。
1936年(昭和11年)12月   東京市芝区(現在の東京都港区新橋)に、「株式会社森尾商会製作所」を設立。
1942年(昭和17年)8月   商号を「森尾電機株式会社」と改称するとともに、東京都葛飾区に移転。
1943年(昭和18年)10月   船舶用照明配線器具の製造販売を開始。
1955年(昭和30年)1月   防衛庁(現在の防衛省)より艦艇用照明・配線・信号機器の製作指名を受ける。
1961年(昭和36年)7月   茨城県龍ケ崎市に竜ヶ崎工場が竣工し、操業を開始。
1962年(昭和37年)9月   東京証券取引所市場第二部へ株式を上場。
1964年(昭和39年)10月   大阪出張所(現・大阪営業所)を開設。
1965年(昭和40年)7月   国内初の自動字幕式行先表示器の製造販売を開始。
1966年(昭和41年)6月   自動車部門を新設し、自動車用電気部品の製造販売を開始。
1972年(昭和47年)7月   特機部門及び不動産部門を新設し、製造販売及び不動産事業を開始。 
1981年(昭和56年)2月   旧本社ビルが竣工。
1984年(昭和59年)4月   東海道新幹線用として国内初の鉄道車両用車内表示器(列車案内情報装置)の製造販売を開始。
1991年(平成3年)11月   仙台出張所を開設。
1998年(平成10年)10月   日本道路公団(現在のNEXCO各社)向けLED自走式車載標識車の製造販売を開始。
1999年(平成11年)11月   本社・竜ヶ崎工場 品質マネジメントシステム「ISO9001」を認証取得。
2002年(平成14年)1月   竜ヶ崎工場に技術棟が竣工したことに伴い、名称を竜ヶ崎事業所に改称。
2005年(平成17年)12月   鉄道車両用フルカラー表示器の製造販売を開始。
2006年(平成18年)3月   本社・竜ヶ崎事業所 環境マネジメントシステム「ISO14001」を認証取得。
2012年(平成24年)3月   旧本社の再開発に伴い、本社を葛飾区青戸に仮移転。
2013年(平成25年)8月   アメリカ合衆国(ネブラスカ州)に関係会社、Morio USA Corporation を設立。
2013年(平成25年)12月   本社新社屋の完成に伴い、葛飾区立石に再移転。
2016年(平成28年)7月   事務所並びに生産拠点の統合に伴い、Morio USA Corporation を現住所へ移転。
ページトップ